株式会社スパイラルの田中

企業PR

筋肉・関節などの痛みや、運動機能障害の改善をめざす治療法として考案されたスパイラルテーピング療法。箱根駅伝の選手が使用したことで一躍有名になったスパイラルテープ。なぜか痛みがとれる!なぜか運動能力が向上する!
大阪市立大学の羽間教授が日本体力医学会にて同テープを患部に貼る前と後で、その患部の皮膚温に変化が起きることを発表された。(朝日新聞平成9年4月6日掲載)続いて、札幌医大リハビリテーション部の大畠先生によって、スパイラルテーピングが肺活量増加、立地バランスの向上に効果があることを理学療法医学会世界大会で発表されました。(北海道医療新聞平成11年10月15日掲載)このようにしてスパイラルテーピング療法が今や国際化(アメリカ、韓国、ブラジル、タイ、中国)してきております。
【ここがオンリーワン】私共は安全でしかも副作用のないすばらしい治療法と、その理論を採用したサポーターの普及により、ひとりでも多くの方が健康な生活が出来ますことを願い日々努力を続けております。

事業所概要

最終更新日:2021年06月22日
企業名(カナ)
株式会社スパイラルの田中 (スパイラルノタナカ)
住所

大阪府大東市

資本金
4,500万円
設立または創業
1986年
従業員数
19人
URL
http://www.spiraltape.co.jp
業種
卸・小売業 > その他の卸売業 > その他の卸売業
業務内容
デイサービス事業の開始、スポーツ・介護用スパッツの開発、スパイラルテーピング療法の開発と普及活動
所属団体
大阪商工会議所
お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
ユーザーログインして問い合わせる

商品サービス情報一覧