1. 企業検索
  2. 企業概要

御菓子司 亀屋茂廣

企業PR

大阪 阿倍野で、皆様方に愛される御菓子を製造販売しています。
名古屋 亀末廣から暖簾わけして頂き、昭和11年、阿倍野区阿倍野筋7丁目に開業しました。
主商品として、季節の上生菓子、懐中志る古、干菓子、半生菓子、飴、焼き菓子、羊羹があります。(季節の上生菓子は、予約注文が必要です。)
亀屋茂廣懐中志る古は、古くより阿倍野筋7丁目にあった茶屋から受け継ぎました。熊野詣の旅人の時からのベストセラー商品で、大阪産(もん)名品に選ばれました。

企業情報

最終更新日:2018/10/25
企業名 (カナ) 御菓子司 亀屋茂廣 (オンカシツカサカメヤシゲヒロ)
住所
〒545-0023  大阪府大阪市阿倍野区
資本金
設立または創業 1936
従業員数 3人
URL http://www.kameya-shigehiro.com/
業種
  • 卸・小売業 > 飲食料品小売業 > 菓子・パン小売業
業務内容 和菓子の製造・販売・卸・喫茶

商品・サービスの一覧商品・サービス

亀屋茂廣懐中志る古
亀屋茂廣懐中志る古
安部晴明 ゆかりの地 阿倍野王子に 古くから 皆様方に 愛された 庶民の味を 受け継いだ 亀屋茂廣が 自信を持って お届けします。 旅人が 熊野詣に 行く時は、 お供に連れていきました。 い ・・・
 『おとずれ』
『おとずれ』
『おとずれ』 一般てきに、干菓子や押し菓子と呼ばれるものです。落雁や白雪羹などです。 亀屋茂廣では、その1つ1つの組み合わせから季節の到来を知らせる品として生まれた呼び名が『おとずれ』です。 亀 ・・・
桜もち
桜もち
大阪産(もん)名品認定商品 大阪は藤井寺市の道明寺が起源の糒(ほしい)を使用した御菓子 一概に桜もちというものはクレープ状やもち米やほしいにより作り方が違う 関西と関東では、形状が違います。 ・・・
草もち
草もち
初代は、この地域に定着した草もちを、上生菓子の製法で、茶人も一般の人にも分け隔てなく愛される菓子として、亀屋茂廣の名物となるよう販売しました。 戦国時代、真田幸村(真田信繁)が真田山(宰相山)に、陣 ・・・

この企業に問い合わせる

電話でのお問い合わせ

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。     ザ・ビジネスモール事務局

※上記企業の情報を修正するには、ザ・ビジネスモールにユーザー登録するか、以下の登録団体にご連絡ください。
注意

会員企業より提供される企業情報をそのまま掲載しています。

掲載の情報については利用者の責任においてご利用ください。