岡部製菓株式会社

最終更新日2009年2月27日

ニューズレター2009年2月号(発行:大阪商工会議所)に掲載されました!!

○大阪で唯一!かりんとうの老舗

岡部製菓株式会社は、1929年(昭和4年)天王寺区上之宮町にて創業、かりんとう専業メーカーである。
かりんとうの起源には諸説があって、奈良時代に遣唐使が持ち帰った唐菓子に端を発するとも言われ、江戸以来庶民に愛され続けてきた伝統あるお菓子である。
同社は創業から3代に渡ってかりんとう作りに専心、かりんとうは小麦を捏ねて発酵させ、油で揚げ糖蜜をまぶした素朴なお菓子で誰もが楽しめる味である。
一般的にかりんとうは、菜種油などで揚げるが、同社では、創業以来こだわってこめ油を揚げ油に使っている。国産原料100%のこめ油を使う事で、カラッと仕上がって酸化しにくくなるのだそうだ。その他昔ながらの製法と独自の油揚げの工程で3つの釜を使用し、それぞれ異なる温度で3回揚げることで色合いと食感を出している。
かりんとうは黒糖をイメージする人も多いが、同社は、創業当時から胡麻風味のかりんとうも製造している。新商品の開発も盛んで、かぼちゃ・むらさきいも・抹茶・竹炭など体に優しい健康を意識したヘルシーな素材を使った商品など多品種の商品を揃えている。
過去に胡麻かりんとうの「小緑」(登録商標)で全国菓子大博覧会の名誉総裁賞しており、2008年度にもいろんな味を楽しめる「お好み花林糖」で全菓博無鑑査賞を受賞している。
販売でも長年、菓子問屋・菓子専門店などの取引以外、一般のお客様との接点はほとんどなかったが、5年前からインターネットによる製造直売を始め、出来たてのかりんとうで、お客様を増やしながら伝統の味を守り新しさを追求続けている。
創業80年の老舗企業でありながら現状に妥協せず、お客様のニーズに合わせ、新しい商品開発に創意工夫して取り組む姿勢に企業の強いメッセージを感じた。(天王寺・阿倍野支部)

この企業に問い合わせる

電話でのお問い合わせ

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。     ザ・ビジネスモール事務局