株式会社 DSK

最終更新日2017年5月22日

表面2点法によるコンクリート強度推定

このコンクリート強度推定方法は、コンクリート表面をハンマーで軽く叩いて発生させた衝撃弾性波の伝播速度を測定する事により、構造体コンクリートの圧縮強度を推定します。
コンクリートの弾性波速度と圧縮強度との間には相関関係があり、これに基づきコンクリートの圧縮強度を推定する方法です。
非破壊検査ですので、構造体を痛めません。
国土交通省「微破壊・非破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定要領(案)」の表面2点法に対応しています。

写真は、表面2点法の試験で使用する聴強器(CKK-300)です。

お見積り・相談無料です。
お気軽にお電話下さい。

=======================
株式会社DSK
埼玉県北葛飾郡杉戸町倉松708-4
TEL.0480-31-8411
FAX.0480-31-8476
担当:成田孝満

この企業に問い合わせる

電話でのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。     ザ・ビジネスモール事務局