東京労務管理総合研究所

最終更新日2012年1月11日

就業規則診断(専門家のノウハウとコストパフォーマンス)

■就業規則診断のメリット(こんなときに)

・自社で規則を作ったものの、適法かどうか自信がない
・自社で規則を安い費用で作りたい場合に最適
・診断書には親切丁寧な改定案つき
・労務管理上リスクが高い条文を早期に発見し、会社を守ることができる
・適法、適切(低リスク)な規則になっているか手軽に確認
・最新の法改正にあっているか知りたい
・31,500円(税込)とコストパフォーマンスが非常に高い
       ↓

労務管理上のリスクが減り、社員の規律が保たれ、会社の発展


■当研究所の診断の特徴

1、御社の規則のリスクを4分類で解説

・違法!
・グレーゾーン
・リスク高
・参考

2、親切丁寧な改定案つき

「この部分が違法である」「この部分がリスクが高い」といった指摘のみではありません。親切な改定案がついています。

3、わかりやすい説明

難しい専門用語を極力使わず、法律が苦手な方にもわかりやすい説明です。

4、豊富な分量

規則を診断しますと、たいていの場合、診断結果レポートの分量がA4の用紙で15枚以上になります。(20数枚に及ぶ場合も)それだけリスクが高い条文が多いということです。御社の規則はだいじょうぶですか?


■就業規則を自社で作成するリスク

1、法令はしばしば改正されるのに対応できていない。

2、専門知識を持った社員が作成した就業規則でも完璧でない場合がある。


■東京総研へご依頼ください!

・モデル就業規則をもとに自社で作成
・親会社や関連会社の規則をまる写し
・インターネットで注文して作成してもらったが、規則が機能せずトラブルに対応できなかった

というような場合は、ぜひとも東京労務管理総合研究所による診断をご検討ください。当研究所の、多数の会社のリスク管理にたずさわった実務経験とノウハウにご期待ください。


この企業に問い合わせる

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

*BMユーザーまたは問合せユーザーの方のみ、メールで問合せできます。

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。     ザ・ビジネスモール事務局