ユウキ行政書士事務所

最終更新日2018年5月26日

遺言・相続セミナー受付しております。

相続分について、テレビ゙でよく民法における遺産分割の話がされますが、自分の相続を考えるうえでは、ひとつの目安ぐらいで考えておく必要があります。
今現在、遺言がないまま相続となってしまっている場合は仕方ないですが、まだまだ相続を考えることができる方は、是非遺言による相続ありきで考えましょう。
大切な自分の人生、最後の最後を自分の意思ではなくざっくりとした民法任せにして、満足のいく相続ができると思いますか?
たとえ民法では同じケースであっても、仲が良い悪いなどなど、家庭環境は十人十色。オーダーメイドの遺言があってはじめて満足のいく相続が可能になります。
遺言のない相続は、一種の現実逃避とも言えます。
ゆっくり考えるのは面倒、人生まだまだ、いつか書けばいいだろう・・・ではいけません。
自分が考えるのを面倒に思うということは、いざ残された側は、あなた以上に面倒を強いられます。
また、人は年齢順に亡くなる訳ではありません。
他人の死は『またか』、でも自分の死は『まさか』としか考えられない。
死を遠ざけて、見えないように見ないようにしても必ず死ぬときはきます。
遺言を書こうとすると、自分がどんな人生を生きてきたか、残される側に何を望むのか、今の自分の立ち位置がありありと見えてきます。
そして、自分の死を正面から受け止めて考えれば考えるほど、生きているという実感が湧き、前向きに物事を考えることができるようになります。
分からないことは何でもアドバイスさせて頂きます。なかなか書くタイミングが分からないという方は、是非一緒に取り組みましょう!

この企業に問い合わせる

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。     ザ・ビジネスモール事務局