障害年金をご存知ですか?一人で悩まずまずはお電話ください。

障害年金をご存知ですか?一人で悩まずまずはお電話ください。

障害年金とはどんな年金かご存知でしょうか?

まず、年金といえば一番最初に思い浮かぶのは原則65歳から受給できる「老齢年金」と、被保険者が亡くなった際に遺族(配偶者または子供)に支払われる「遺族年金」が一般的に知られていますが、 20歳以上の方も受け取れる年金があります。それが「障害年金」です。

障害年金とは、病気やケガで生活や仕事などが制限される場合、受け取ることができる国の公的な年金です。

ただ残念なことに、障害年金の制度自体があまり知られていません。 また、障害年金制度を知っていても、年金制度のわかりずらさや書類を揃えられないなど、さまざまなハードルがあり受給を断念する方もいらっしゃいます。

年金請求書、医師の診断書など多くの書類を準備した上で年金事務所に請求します。そこで、審査に通った場合、妥当だと思われる等級に認定され、障害年金を受給することができます。

下記の3要件を満たしていれば受給できる可能性があります!

条件1 :初診日要件

病気やケガで初めて病院に行った日を証明できることが条件です

条件2 :保険料納付要件

原則、支払わなけれないけない期間の3分の2以上を納付していなければもらえません。ただし、免除を受けている方や直近1年間の納付している方などは例外です。

条件3 :障害状態要件

障害年金は日常生活に支障があれば受給できる可能性があります。うつなどの心病、身体障害・脳疾患・人工透析・人工弁・人工関節・ペースメーカーを体にお入れになった方・・・

などほとんどの病気で障害年金をもらえる可能性があります。

◆ 障害年金の基礎知識
障害年金とは、労働に支障がある場合や通常の生活に困難がある場合に、障害のある方に対して支給されるものです。条件さえ満たしていれば支給してもらえますので、もらえる障害、症状があるときは、必ず申請しましょう。

◆障害年金でもらえる金額
障害年金は、それぞれの種類によってもらえる金額が違ってきます。
詳細は以下にアクセスしてご確認ください。
https://www.sr-minami4864.com/info/20220920091738.html

*障害年金は非課税ですので、老齢年金のように所得税や住民税を源泉控除されることはありません。



お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
南社会保険労務士・行政書士事務所事業所概要詳細
所在地

大阪府豊中市

【注意】売込みや自社PR、
商品やサービスの紹介など
営業目的の連絡は禁止しています。
営業目的ではありません
キャンセル