大阪市まちなみ修景補助制度を活用して店舗リニューアル

大阪市まちなみ修景補助制度とは、地域住民等と連携・協働で進めるHOPEゾーン事業の一環として、魅力あるまちなみづくりを支援・促進するため、大阪市が定める補助要件に適合するように修景(区域にふさわしいまちなみ形成に向けて、建築物の外観やその敷地等を整備すること)する場合、その費用(設計費及び整備費)の一部について補助を受けることができる制度である。
天満地区HOPEゾーン事業区域で、寝具店「寝具さくらいや」を営む渋谷尚彦氏は、区民だよりで修景補助制度を知り、同制度を申請され、9月初めには、リニューアル、天満に修景されたお店がお目見えする。
天満地区まちなみ修景事業は、天満を「もてなし」の場にし、集客を上げようとする事業であり、同店の修景への設備投資も、天満の歴史やまちなみの特徴を活かすための2つの方針「つなげる」「よそおう」に沿って取り組んだものである。
同店は、極々普通の天神橋筋商店街2丁目の寝具店ながら、創業は、1741年(寛保元年)とその歴史は長い。リニューアルされた今、是非一度、天満のまちで270年の歴史を歩んできた同店まで足を運ばれてはいかがだろうか?(北・都島・福島支部)
(※ニューズレター248号(発行:大阪商工会議所)より抜粋)

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
さくらいや事業所概要詳細
所在地

大阪府大阪市北区