d-CORE(読影指南データベース)

d-CORE(読影指南データベース)

知識ベースと画像症例データベースの連動により診断フローに沿った情報を提供します。

◇知識ベース
膨大な症例データに基づき、画像診断に必要な「撮影条件」「基本部位」「基本所見」「診断」などの要素(語彙)をグループ化し、関連付けてデータベースを構築。
情報に”意味付け”するセマンティックWEB技術により、”データ”から”知識”への進化

◇画像症例データベース
有用性の高い症例を抽出し、匿名化した画像に患者の性別・年齢・確定診断などの情報を付加。
知識ベースとの相互関係を定義することにより、幅広い二次利用に対応できるデータベースを構築。

[対応モダリティ]
胸部X線     (約500症例)
腹部超音波    (約200症例)
上部消化管内視鏡 (約150症例)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆d-COREは、企業さまにライセンス提供をしております。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ご興味などございましたら、お気軽に幣法人までお問合せください。

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
特定非営利活動法人メディカル指南車事業所概要詳細
所在地

大阪府大阪市中央区