レモングラスの生体水

レモングラスの生体水

【濃厚なシトラス系な香り】

レモングラス(学名:Cymbopogon citratus)の生体水は「ネラール」「ゲラニオール」「α-シトラール」が主な香気成分になります。
※原料・収穫地・収穫時期によって、成分が異なります。
原料情報は下記の通り。

原産国:タイ
英語名:Lemongrass
学名:Cymbopogon citratus
原料部位:葉・茎
原料仕入先:自社農園(無農薬)
収穫時期:通年
分析:臭気分析
揮発成分数:14
効能:抗菌・抗真菌・鎮痛・沈静・皮膚弾力回復・ホルモン分泌調整・子宮強壮・昆虫忌避

■生体水
レモングラスは、虫除け・抗菌作用が有名で、除菌目的の消臭剤やルームフレグランスとリラックス効果を期待して使用されるのが良いかと思います。

またレモングラスは、茎の部分が白いものと赤いものがあり、赤い方が大変香りが強いです。

■粉末

粉末は現状、成分が不明な事から、畑の肥やしとなっています。

ポリフェノールが抽出出来るようですが、現在は製造優先度が低い為、実験はしていません。

■レモングラスを使った商品
ちなみにタイでは虫除けスプレーとしてセブンイレブンなどで販売されています。
レストランでは、虫除けスプレーを頼むとどこでも下記のスプレーを貸してくれます。

【用途】
・フローラルウォーター
・化粧品原料

関連ページ
https://ameblo.jp/avenir-t/
お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
BMユーザーのみ公開(ログイン)
メールでのお問い合わせ
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
株式会社アヴニール事業所概要詳細
所在地

東京都西東京市