抗菌・抗ウイルス対策製品~貴方にとって確かなものを~

昨今のコロナ渦において、兼ねて日常より清潔観念のあった我が国でさえアルコールでの消毒等菌やウィルスに対して意識を向けざるを得ない生活を送ってきました。
しかしその中で正誤情報が混在して飛び交い、果たして何がどれに役にたつのか不明瞭なまま不安な日々を殆どの人が過ごされていたと思います。

消毒の概念:ウィルスの膜を壊して機能を失わせること

混同されがちですが、まず「細菌」と「ウィルス」は以下の様に全く違うものです。

・細菌:細胞を持つ生き物。栄養摂取で自然に分裂して増殖。対抗策:抗生物質、抗菌剤
・ウィルス:細胞を持たない。増殖には生体(人や動物)が不可欠であり、細胞に侵入→細胞の機能を利用して増殖→取り入った細胞が死滅した際に放出され、再び他の細胞に入り増殖することを繰り返す。抗菌剤、抗生物質は無効果。

今回の新型コロナに限らずウイルスは、遺伝情報を持つRNAが「カプシド」という(薄紫部分)たんぱく質のカラとその外側の「エンベローブ」という脂質性の膜により構成されている。つまり消毒とは、ウィルスの上記構造を破壊することを指します。

それにあたり、様々な種類の薬剤を今回の渦中で目の当たりにされたと思いますが、それぞれの長所短所を以下に簡略してまとめてみました。

●消毒用アルコール
アルコールが蒸発するので水が無いところでも使用可能だが引火性もあるため、使用に注意が必要。
●次亜塩素酸水
有機物と反応して、水に戻るので安心して使用できるが使用時に塩素臭がする。また有効塩素濃度が低い為、汚れ(有機物)があると効果が期待できない。経時的に効果が減少し、臭いがしても機能は消失しているものもある。
●オゾン
洗剤や薬剤と違い拭きあげ等が不要なので空間全体に効果があるが、室内での効果は期待できるが屋外には適さない。比較的高価。

以上のことを念頭に置き、弊社では汎用的な抗菌対策品はもとより、お客様にとってより安全でニーズにかなった製品群を取り扱っております。
製品詳細は下記関連ページよりご覧下さい。

その他消毒・検温機能付きサイネージや、お客様の店内環境状況に応じた、アクリルなど透明プラスチック板・フィルムやプラダン等各種素材を用いた店内パーテションを既製品、受注製造品として取り扱っております。

#新しい生活様式

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ:
BMユーザーのみ公開(ログイン)
FAXでのお問い合わせ:
BMユーザーのみ公開(ログイン)
メールでのお問い合わせ:
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
廣榮商事株式会社事業所概要詳細
所在地

東京都江東区

Copyright© 2021 廣榮商事株式会社 All Rights Reserved. © 2021 廣榮商事株式会社