※応募は1社につき1度のみとなっています。
※詳細な情報が分からなくても、過去の実績や自社のPRをなるべく盛り込み、買い手へご応募ください。
※「質問」は応募の事前確認の場です。入力された内容はすべての方に公開されます。
※詳細なご提案やお見積りは、買い手からの商談申込後、個別に行ってください。
受付終了
案件名:

テクロス案件:T-1173 変電所における事故電流を検知可能なセンサ・ソリューション


募集期限 2020年03月10日まで募集受付
応募受付後の売り手への返答目安 2020年04月30日を目安に返答されます
商談状況 応募数:0件 内、 商談中:0件
案件内容 ※この案件は大手メーカーと中小ものづくり企業のマッチング「テクロス」案件です。
 「テクロス」案件とは→https://www.b-mall.ne.jp/bmfactory/openinnovation.aspx
--------------------------
 T-1173 変電所における事故電流を検知可能なセンサ・ソリューション
【概要】
 東京電力パワーグリッド株式会社が、気中絶縁タイプの配電用変電所において
 短絡・地絡事故等を検出し、事故箇所を標定可能な電流センサまたはソリューションを求めている。
 
【求める技術】
気中絶縁タイプの配電用変電所において短絡・地絡事故等を検出し、
事故箇所を標定可能な電流センサまたはソリューション 

検出対象
 -短絡・地絡事故
 -短絡・地絡事故が生じた際に生じる変位
  ・事故電流:1200A以上の電流発生(正常時電流:~500A程度)
  ・電流発生時間:0.2秒程度
 -検出対象部位:変圧器2-3台とその間の接続電線のいずれかで事故があったかが分かること
 
検出技術
 -検出方法:事故電流の検出が可能であれば電流センサ、画像、光等いずれの方法も可
  ・1200A以上の電流を検出できること
   -精密な数値を特定する必要はない
  ・検出部材のみの提供、トータルソリューションとしての提供いずれも可
   -検出部材のみを提案する場合、東京電力パワーグリッド社・または同社により紹介する他社と協働でソリューションを構築いただきます
 -検出部材(センサなど)は汎用性が高く、長期的に供給可能であることが望ましい。
 -既設設備に対し容易に導入・設置可能であることが望ましい。
 -導入後の保守・メンテナンスが不要または容易であることが望ましい。
  ・施設の特性上、変電所の頻繁な設備停止が難しいため
予算 ご相談
条件・支払い方法 【技術を求める背景・目的】
•東京電力パワーグリッド株式会社は、首都圏エリアにおける送配電に関する設備保全等を実施している。設備保全の一部として、配電用変電所の事故検出・復旧業務がある
•154kVおよび66kV気中絶縁の配電用変電所においては、
短絡・地絡事故等の事故が発生することがあるが、事故が発生した場合には、
電力供給に影響を与えないよう、早期に事故箇所を検出し特定・遮断する必要がある

【応募者にとっての機会】
部材の開発・供給、導入請負、受託・共同開発

【技術の目標水準】
現時点で求める技術の完成度:
 •変電設備に異常検出部材を設置する必要がある場合は、高電圧絶縁技術に知見があることが望ましい。(非接触での測定が可能な場合は高電圧絶縁技術の知見は問わない)
 •最終的には、対象変電所への配備を想定しているが、現状ではその体制・設備(生産能力)の有無は問わない

【その他特記事項】
-設置対象:首都圏エリア400箇所程度の気中絶縁配電用変電所。
 ・現行品製造中止のため新設および更新時に併せて代替器の導入を検討中。
-変圧器、母線(導体・碍子・架線金物等から構成)調相装置、計器用変成器、断路器、遮断器 からなる

【開発スケジュール】
試作機・システム構築:2-3年以内
頻度 スポット
メッセージ 追加資料をご確認ください
取引対象地域 北海道、東北、関東、信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄

質問・回答コーナー ※この案件に関する事前質問と回答の一覧

:買い手   :売り手

売り手
2020年02月17日 14時59分
本件 事故がおきたら、ブレーカが落ちると思いますが、その場合、遠隔地点から 漏電箇所や地絡箇所がわかるようにするという事ですね。 発電を止めた方がいいのでしょうか? 瞬時に漏電を検知し、変電ユニット群を停止しないようにする事はお考えないのでしょうか?

買い手
2020年02月18日 9時14分
ご質問頂きありがとうございます。

現行の運用方法としては、落雷等による不具合発生→0.2秒程度の異常電圧感知→その後断線

断線の修理用として異常電圧検知部位を特定する技術を求めています。
不具合発生部分は通電していません。その他の部分は稼働しています。

他にもご不明な点ございましたら、お気軽にご連絡頂けますと幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

売り手
2020年03月05日 13時13分
1、電流センサは変圧器1台ごとに必要になるかと考えます。
従って、1変電所当たり相当な数量が必要になると思われます。
このような考え、手法で問題ないでしょうか。

2、現行品製造中止とのことですが、現行品の資料開示はしていただけるでしょうか。


買い手
2020年03月06日 10時20分
ご質問頂きありがとうございました。

1、電流センサは変圧器1台ごとに必要になるかと考えます。
従って、1変電所当たり相当な数量が必要になると思われます。
このような考え、手法で問題ないでしょうか。

→1変電所あたり2-3台という風に伺っております。変電所は400か所程度ございますので、1000台程度と想定いただければと存じます。

2、現行品製造中止とのことですが、現行品の資料開示はしていただけるでしょうか。

→依頼主に確認し回答が得られましたら改めてご連絡いたします。

買い手
2020年03月06日 11時47分
2、について以下に回答します:

→現行品は碍子に光ファイバー導入した電流センサとなります。(追加で情報が必要な場合は個別での開示が可能です)

募集企業の概要
社名 ログインすると募集企業の概要を表示します。※クリックしてログイン
都道府県
資本金 従業員数
設立・創業 所属団体
業種
募集企業のこれまでの商談実績  (本件も含む)
募集案件数 95件 商談実績数 42件 商談成立数 2件
※応募は1社につき1度のみとなっています。
※詳細な情報が分からなくても、過去の実績や自社のPRをなるべく盛り込み、買い手へご応募ください。
※「質問」は応募の事前確認の場です。入力された内容はすべての方に公開されます。
※詳細なご提案やお見積りは、買い手からの商談申込後、個別に行ってください。

ザ・商談モールのご利用について

商取引をはじめる前に

「ザ・商談モール」では、利用規約に基づいて買い手企業より申請された「買いたい案件情報」を原則として、そのまま掲載しております。

掲載情報については「利用規約」に従い、あくまで利用者の責任においてご利用ください。

「ザ・商談モール」に関するお問い合わせは、ザ・ビジネスモール事務局(大阪商工会議所内)までお願いします。

「ザ・商談モール」は大阪商工会議所と事業に参加する各地商工会議所等(以下「登録団体」という)の責任のもとで運営するものであり、実施されるサービスについては日本商工会議所及び登録団体でない各地商工会議所が実施・関与するものではありません。 (免責事項参照


 商取引をはじめる前に(必読)