鳥害対策のZEROBIRD『ゼロ・ファルコン』鳥を怯えさせる広範囲飛来防止装置

鳥害対策のZEROBIRD『ゼロ・ファルコン』鳥を怯えさせる広範囲飛来防止装置

天敵『ハヤブサ』の形と音で鳥を寄せ付けない
https://zerobird.jp/falcon/

『ZERO Falconは猛禽類の中で最強クラス』
かつ鳥類の天敵である「ハヤブサ」の形態と飛翔を再現した鳥類飛来防止装置です。 さらに電子音装置を組み合わせ、鳥に「なれ」と「学習性」を与えず、あらゆる鳥類を追い払い、バードストライクや感染症といった鳥害を防止します。

『鳥の絶叫音を模した70種類の警報音で威嚇』
1つの音だけでは鳥が慣れてしまうため70種類の警報音が1時間に7回、ランダムに鳴り響きます。音量は最大125デシベル(飛行機のエンジン音は約120デシベル)で、その効果は2000~2500m²。広範囲に渡って鳥の飛来防止効果を期待できます。

『両翼を広げたハヤブサを忠実に再現』
全長1.3m。「ハヤブサ」が両翼を広げて羽ばたいている様を、雨風に耐久性の高い繊維強化プラスチックで忠実に再現。さらに両目に埋め込んだ赤色LEDを光らせ、視覚効果にメリハリをつけることで、鳥に警戒心を持たせ続けます。

『口蹄疫や鳥インフルエンザ等の感染症対策にも農場・畜産場での効果を期待』
近年、酪農場では口蹄疫、豚熱(旧称:豚コレラ)等のウィルス性の感染症が多数発生しています。伝播力の強い感染症は、多大な経済損失を招く深刻な問題です。感染経路として最も注意を必要とするのが、カラスをはじめとした野生の鳥の飛来。そこでZERO Falconを設置して事前対策を講じることをおすすめします。

「ハヤブサ」の形態と飛翔が対策の要に
ジェット機時代の到来と共に、飛行場で離発着するジェット機のエンジンに、飛来した鳥が吸い込まれエンジントラブルが発生するバードストライクが世界的な問題になっていました。1990年、対策としてアメリカの空港では鳥類の天敵「ハヤブサ(ファルコン)」を訓練し、トラブルの解消を目指しました。そして、見事に成功。日本でもこの事例に学び、鷹匠(たかじょう)作戦を試みましたが、捕捉可能な「ハヤブサ」はサイズが小さく、思うような効果を得られませんでした。そこで、「ハヤブサ」の形態と飛翔を研究し採用。2000年に広範囲鳥類飛来防止装置「ZERO Falcon」の開発に成功したのです。





関連ページ
https://zerobird.jp/
お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
コスモテック株式会社事業所概要詳細
所在地

大阪府吹田市