ニューズレター2009年1月号(発行:大阪商工会議所)に掲載されました!!

ニューズレター2009年1月号(発行:大阪商工会議所)に掲載されました!!

○防災機器と水処理機械のエキスパート 命と環境を守る「フジワラ産業」

フジワラ産業株式会社は、上下水道用機械と防災品の開発・製造を主たる事業とする直販メーカーとして、昭和55年4月に現代表により創業された。
同社は中小企業ながら創業以来、上下水道施設用機械として、フジフロート自動スカム除去システム(昭和57年6月)、モノレール式汚泥かき寄せ装置(平成2年2月)、フロス処理装置(平成3年8月)、等を次々と開発し、加えて防災装置として、災害時用マルチシステム非難カプセル(平成5年6月)、災害救助道具セット及び安心ベッド枠(平成7年3月)、津波避難用タスカルタワーA(平成15年4月)等の開発も行ってきた。
開発した水処理設備関係の装置は、日本上下水道事業団の認定を取得し多くの地方自治体に同装置が採用されており、その技術力には定評がある。同社の柔軟な発想力と卓越した先見性には他社の追随を許さないものがある。
平成7年1月17日の阪神・淡路大震災以降、同社は地球環境を守る水処理に、命を守る防災装置を新たな事業分野として取り組み、家屋の倒壊から命を守る「防災ベッド枠」、津波避難用「タスカルゲート」「タスカルロープ」等の開発に努力してきた。
独自の発想と技術力で、地球環境と生活環境を守りたいというのが同社の理念である。他社のやらない、また他社ができない、小さいが大切なニーズを見つけ、製品化して社会に貢献する。常に時代が求めるニーズの探求と世の中に役立つ製品の開発をめざした技術の蓄積に努めてきた同社は、社長以下28名の中小企業であるが、地球環境と命を守るという志と気概をもったキラリと光る企業である。
同社は「大阪勧業展2009」へ出展されることが決まっており、今年は安心防災ベッド枠(東京都の平成19年度「安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法・装置の事例・アイデア」における装置部門の選定商品である)と災害救助道具セットを出展される予定で、是非見学をお願いしたい。(此花・西・港支部)

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
フジワラ産業株式会社事業所概要詳細
所在地

大阪府大阪市西区