超音波探傷映像化装置 ADS71000

超音波探傷映像化装置 ADS71000

ADS71000は最新の超音波探傷技術、機構制御技術と画像処理技術を取り入れた超音波探傷映像化装置です。
従来の当社超音波探傷映像化装置では、例えば平面部からR面あるいは逆R面に続く、いわゆる3次元局面を連続的に検査する事は不可能でした。
そこで本装置ではX、Y、Z、R、θ1、θ2、θ3の7軸をモーションコントローラにより同時制御し、探触子の3次元的な走査を可能とし、従来不可能であった複雑形状の被検体の検査を可能としました。
また、走査パターンの設定においても先進技術を採用し、従来の超音波映像装置において実施されていたマニュアルセッティングモード、シェイププロファイリングモードをより使い易いものにし、かつ新たにCADデータより走査パターンを作成する機能を追加しました。
従来の映像化装置で検査を実施されて来たシンプル形状の被検体に本装置をご採用いただいても、経済的に検査技術の向上を達成できると考えます。

【11の特徴】
1)7軸同時制御
2)CADデータによる走査パターンの自動生成
3)走査座標データとその点のAスコープを保存
4)Aスコープ表示機能付きリモートコントローラ
5)ゲート内データによるリアルタイムC、B、Dスコープ表示
6)AスキャンデータによるリアルタイムC、B、Dスコープ表示
7)欠陥検出、座面エコーモニタ異常時の探傷一時停止機能及び探傷継続機能
8)データ解析時 3D表示
9)ボックス・多角形。楕円カーソルのマスク機能
10)欠陥判別機能
11)3Dビームプロファイル測定機能

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
BMユーザーのみ公開(ログイン)
メールでのお問い合わせ
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
株式会社KJTD事業所概要詳細
所在地

大阪府東大阪市