【事務職が自分で業務を自動化できるRPA:Robo-patロボパット】

【事務職が自分で業務を自動化できるRPA:Robo-patロボパット】

《デジタルフォーメーション・生産性向上・人手不足解消・コスト削減》         

☆☆☆RPAで自動化すべき業務を見極める3つの視点☆☆☆

RPAとは
「ロボティック・プロセス・オートメーション」
事務処理、管理業務、人事・経理・法務・財務・総務などの
事務系業務をソフトウェアに組み込まれたロボットが代行する取り組み

RPA導入では「どの業務に対してRPAを適用し、自動化するのか」を
見極めることがとても大切です。

削減時間や費用対効果だけにフォーカスして適用業務を決めてしまうと、
RPA導入が失敗に終わってしまいます。特に経営層・管理職と現場担当者で
思惑が異なります。
 
 ●現場で負担になっている業務
 ●面倒で手離れできたら良い業務
 ●一部でも自動化して楽になる業務

これらを解消するためには・・・プログラミングや専門知識が不要で、
現場担当者自らロボットを作って運用できる形がベストです!
そこで、ご紹介するのが「ロボパット」

 ◎技術者に頼らない業務自動化
 ◎全てのソフト、ブラウザアプリで利用可能
 ◎1か月単位で契約ができる
 ◎無料トライアル
 ◎無料サポートが充実

「ロボパット」は操作勉強会・研修や講習会・ヘルプセンター・
動画チャンネルが全て無料!
しかも、1社1回1時間で月に3回まで家庭教師として親切丁寧に
サポートも受けられて、制作者の不安や課題に寄り添います。

多くのRPAが初期導入費用を抑え、サポートは有料が多く
結果としてかなりの出費が見込まれます。
サポート費用が無料で、月額費用のみで使えるため
トータルコストではロボパットが他社を圧倒しています。

また、業務担当者自らがロボットを制作することでパソコンの知識や
スキルが上達する付加価値も産まれてきます。
RPA導入・ 活用のプロセスで、自社の業務を効率化し改善できる人財を
育てることもでき、事業継続や企業価値の向上にもつながります。

詳しい内容につきましては、お気軽にお問合せ下さい。

※Robo-Patは株式会社FCEプロセス&テクノロジーの商品です。

関連ページ
https://fce-pat.co.jp/
お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

メールでのお問い合わせ
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
株式会社東名ヒューズ事業所概要詳細
所在地

愛知県名古屋市中村区