案件名
大手メーカー案件:(大阪ガス)7-2 インフラ構造物の劣化を自動で診断するシステム
案件内容
・橋梁や無線塔などの大型構造物(RC製・鋼製)をドローンやロボットで
 全面的に点検した後、AIなどを用いて劣化度を自動診断できる技術

【内容】
・大型構造物の点検には足場が必要だが、コストダウンの観点から、
 ドローン等を用いて足場をかけない全面点検を実施し始めている。
・構造物の劣化を正確に見分ける知識・スキルを診断技術でカバーしたい

【要求事項】
必須事項
・ドローンやロボット等を用いて、構造物の周囲を足場を設置せずに
 全面的に点検することができる技術(昨年、探索済み)
(映像処理、画像処理、レーザー計測等、劣化の確認方法は問わないが、
 最終的に2Dの変状図がアウトプット可能)
・AIなどを用いて劣化の程度を多段階(3-4段階)に自動診断可能な診断技術(・RC製⇒ひび割れの程度・鋼製⇒塗装の劣化及び腐食の程度)

オプション
・ドローンやロボットの場合、自律飛行(走行)が可能
・写真撮影の場合、合成画像に変換・合成可能
カテゴリ
IT関連 /システム開発・パッケージ
IT関連 /ソフトウェア・アプリ開発
IT関連 /その他のIT関連
ご予算
ご相談
募集期限
2019年09月17日
回答期限
2020年03月31日
返答数
2件
商談に進んだ件数
0件

条件

業者への要望・質問
※お送りいただいた提案内容はニーズ発表企業(共同提案企業を含む)が閲覧します。

※ご提案いただきました企業情報及び担当者連絡先等の情報は、本提案に関する各種連絡のために利用するほか、
 関連事業「MoTTo OSAKA オープンイノベーションフォーラム」の主催者である大阪商工会議所、
 及び共催者(茨木商工会議所、北大阪商工会議所、高槻商工会議所、東大阪商工会議所、姫路商工会議所、
 八尾商工会議所、大阪府、Xport)と共有いたします。

※また、今後の面談日程調整等について、
 関連事業「MoTTo OSAKA オープンイノベーションフォーラム」の事務局である、
 大阪商工会議所産業部(TEL:06-6944-6300、Mail:motto@osaka.cci.or.jp)から
 ご連絡させていただく場合があります。ご了承のうえご記入ください。
選考の際重視する点
サービス可能地域
北海道、東北、関東、信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄
基準資本金
指定なし 
基準従業員数
指定なし 

会社情報

会社名
(PC版で表示されます)
所在地
大阪府
これまでの案件依頼数
50件
商談に進んだ案件数
1件