インドネシアPKS(パームヤシ殻)

インドネシアPKS(パームヤシ殻)

価格について、業界一安く、高品質なものを提供できると自負しています。
インドネシア産PKSにつきまして、相場価格に比べて大幅に安くご提供可能です。
継続的安定供給を望んでおり、20年間契約も可能です。
販売量が増えるにしたがって、現行の3倍以上の増産(調達)は視野に入っています。
ペレットについては、現地工場はもちろん、FSC-COC認証を所有しています。
<バイオマス燃料調達に関する詳細案内>
https://ssl.arrowfield.co.jp/doc/chip_0902.pdf
<インドネシア カリマンタンPKS工場の最新情報>
https://ssl.arrowfield.co.jp/indonesia.html
弊社とNKY社での即時対応可能な能力、インドネシア産PKS 5万トン/月出荷。
特徴は日本人スタッフによる厳重な品質管理体制と、長期安定的関係を前提にした安価な価格設定。
インドネシアPKSについて
・工場は6か所で本社はスラバヤのパルスアン(その他、東カリマンタンのサマリンダとバリクパパン・
西カリマンタンのポンティアナ・南カリマンタン・西スマトラ)
・水分率15%以下のものを、南カリマンタンまたはスラバヤから5万トン/月出荷予定。
 (5万トン出荷のためには、15~20か所のパーム工場との引き受け契約確保が必要)
・スラバヤは本船が着岸できるため便利ではある。西スマトラのバダンからの出荷も可能。
・本年9月から3万トンを出荷することも可能。
・西スマトラからは、より良質のPKSが3~5万トン/月追加出荷できるが5ドル/トン原価が高くなる。
・基本的にFOB価格で取引しますが、CIF(バルク船手配)でもご提案可。
・基本的に倉庫は屋根付きで、南カリマンタンの屋根付き倉庫収納量は3万トン。
・船積みに要する期間は、臨機応変な対応を含め、常識的に期日内に間に合わせるものですが、本船積み込みに関わる基本的な所用日数は、精練工場からバージ船で本船まで運搬し、積み込み量3万トンの場合は最低4日間必要で、クレーン船を使用。日当たり積み込み能力約7,500トンのため、1万トンの場合2日間必要となります。
前もって20フィートコンテナ1本でもお試し購入をしていただき、価格と品質をご確認いただきたいと思います。

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
株式会社アローフィールド事業所概要詳細
所在地

兵庫県西宮市