H種乾式アモルファス変圧器(JAHシリーズ)

H種乾式アモルファス変圧器(JAHシリーズ)

アモルファス合金帯を鉄心に用いると結晶構造の珪素鋼板等の磁性材に比べ、
磁束を変化させた場合の原子の回転が容易になり、
ヒステリシス損(磁束が通る際の損失)が少なくなり、また板厚が薄いので渦電流損失も少なくなります。

したがって、アモルファス鉄心は従来の珪素鋼板鉄心に比べると鉄損が低減します。

変圧器の損失には大別すると負荷に関係なく発生する「無負荷損」と負荷電流によって変化する「負荷損」という
二つの損失があります。
無負荷損は主に鉄心に発生する鉄損です。
負荷損は負荷電流による変圧器の巻線の抵抗による抵抗損で銅損と言われます。
アモルファス変圧器はこの損失のうち無負荷損に注目した変圧器です。
変圧器は長寿命の製品なので、無負荷損を抑えることで大きな省エネ効果が発揮できる製品です。

H種乾式アモルファス変圧器は 従来製品に比べ、無負荷損失を1/3~1/6程度に低減し、変圧器では、最高効率の省エネルギー効果を実現します。

標準仕様 単相
        容量   10kVA 20kVA 30kVA 50kVA
        周波数  50/60Hz
        一次電圧 400V級(200V級)
        二次電圧 200V級(100V級)単相三線
     三相 
        容量   20kVA 30kVA 50kVA 75kVA 100kVA
        周波数  50/60Hz
        一次電圧 400V級(200V級)スター結線
        二次電圧 200V級(100V級)デルタ結線  

                     

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
ユーザーログインして問い合わせる

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
治部電機株式会社事業所概要詳細
所在地

兵庫県尼崎市