海外化粧品法規制の最新情報の調査いたします

海外化粧品法規制の最新情報の調査いたします

人口減少により、国内の経済活動が頭打ちになる中、今後目を向けるべきは海外におけるビジネスチャンス。
化粧品についても例外ではありません。

ですが、化粧品には、配合禁止成分や配合制限成分といった非常にデリケートな問題があります。しかも、海外の諸地域によって、その規制のされ方は全く異なります。

つまり、化粧品の輸出をする場合、輸出相手国の法規制について予め把握した上で、その国で認められている内容で処方をしないことには、そもそも化粧品製品を販売できません。

そこで重要になるのが、海外の化粧品法規制、特に配合禁止成分や配合制限成分についての最新事情になります。

当事務所では、EU(欧州)、ASEAN、台湾などといった主要輸出相手国における化粧品法規制を、独自の調査システムによりデータベース化しています。

従って、ご希望の地域における、ご希望の規制情報を、お客様それぞれのニーズに合わせ調査、カスタマイズした上でご提供することが可能です。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
ユーザーログインして問い合わせる

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
サニー行政書士事務所事業所概要詳細
所在地

東京都多摩市