ウレタンでの多品種少量生産に対応した成形技術「三次元加飾成形」

ウレタンでの多品種少量生産に対応した成形技術「三次元加飾成形」

立体の凹凸模様(エンボス)と絵柄を、成形と同時に製品に転写することを可能にした技術がこの「三次元加飾技術」です。
従来では金型の表面に直接立体のエンボス加工を刻みこみ、立体的な模様を樹脂に転写していました。しかしながら従来までの製法ですと、製品数に比例した数量分の金型が必要なことから投資がかさみ、多品種小量生産には不向きでした。
そこで前述の「離型剤レス製法」をさらに応用し、金型には直接エッチングをせず、代わりに3次元形状のフィルムを使って立体模様を樹脂に転写させることに成功しました。
異なった模様が施されたフィルムを使うことにより、たったひとつの金型で、様々な立体形状のついた製品を生産することができる画期的な技術となっており、実際に弊社の「くつろぎシリーズ」は、この三次元加飾製法を使用して生産しています。
加飾フィルムは常温で成形品の表面に吸着が可能で、単色であればモールドコートとの併用で繰り返し使用することもでき、大幅なコストカットが可能となり、今後注目される「多品種少量生産」のものづくりに大いに役立つ技術です。
インジェクション成形にも真正面から対抗できるため、これからのプラスチック樹脂成形の流れを大きく変える可能性があることから様々な業界から注目され、採用されています。

関連ページ
https://waestro.jp/#teams
お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
問い合わせ画面へ

※売り込みやテレマーケティングに利用することは禁止します。
ザ・ビジネスモール事務局

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
ワエストロ株式会社事業所概要詳細
所在地

埼玉県