国際結婚で、外国人配偶者の実子(連れ子)の在留資格手続き

国際結婚で、外国人配偶者の実子(連れ子)の在留資格手続き

国際結婚をした外国人配偶者に実子がいることはあります。
特に、外国人配偶者が女性の場合、「日本で一緒に生活したい」という希望を
100%近く持ちます。結婚前は遠慮して言わないことがありますが、後日、言うようです。

その場合、実子の在留資格はどうなるのか?です。
対象の子供が、未成年で未婚の実子で親の扶養が必要な場合、在留資格「定住者」の道が開かれています。
尚、日本人側との養子縁組は、要件になっていないです。
養子縁組が必要である、勘違いしている人が、割と見られます。

又、就学前児童であれば、許可になりやすいのですが、年齢が上がっていくと、段々、
許可になりにくい傾向はあるので注意が必要です。
特に、年齢が16歳になると、働きやすくなるので、
「扶養されるのではなく、働くことが目的ではないか」と審査側に思われます。

審査の視点ではなく、年齢が上がってくるにつれ、本国から連れてきた場合、生活に馴染めるか、日本語の修得はできるか、学校に馴染めるか、などの問題がでてきます。
子どもを日本によんで暮らすことが、本人の幸せ、とは限らないです。
本国で大学などの高等教育を卒業させてから、日本語学校生などの留学生として呼び、日本語の修得と就職活動をさせ日本で就職する、ということも考えたほうが良いこともあります。

さて、呼ぶ方法ですが、
1 出入国在留管理局へ「定住者」の在留資格認定証明書交付申請をする
 在留資格認定証明書が交付されたら、送るか、持って行ってあげて
 日本大使館へ「定住者」ビザの申請、発給されたら日本へ向かう、方法。
2 日本大使館へ親族訪問目的の「短期滞在」ビザの申請。発給されたら日本へ向かう。
 日本に入国ができたら、「短期滞在」から「定住者」へ在留資格変更申請をする。
 通常は、「短期滞在」からの在留資格変更は認められませんが、日本人とは、配偶者の実子の関係になる ので、例外的に許可になる可能性があるので、その方法。
の2つあります。

まずは、相談から始めませんか。
一回のみではありますが、メールでの無料相談を承ります。
尚、電話相談やオンライン相談も対応します。

関連ページ
https://www.toruoriboo.com
お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
メールでのお問い合わせ
問い合わせ画面へ

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
折本徹行政書士事務所事業所概要詳細
所在地

東京都世田谷区