「2013植物の工業的栽培関連市場と導入ユーザーの動向に関する調査」を実施

栽培システムや関連資材のほか、栽培事業者も増加していることで市場の拡大が期待出来る「植物の工業的栽培市場」につき調査を実施し、『養液栽培システム』、『栽培プラント』、『関連資材』、『栽培環境管理・制御システム』に加え、『工業的栽培を実施している事業者事例(31件)』と『植物工場野菜を販売・利用している小売店・飲食店事例(10件)』を含め調査を実施した。

◇養液栽培システム市場:2017年168億円 ◇栽培プラント市場:2017年169.2億円  
◇関連資材市場:2017年97.9億円 ◇栽培環境管理・制御システム市場:2017年93億円

◇栽培事業者事例(31件)
調査対象は日本国内のみである。但し、事業者規模、地域、導入設備、栽培作物などは限定していない。導入事例に関する内容は導入の動機、導入設備・栽培方法、栽培作物と収穫量・栽培サイクル、販売高、収益性のほか、収穫物の流通ルートと価格決定の方法、事業者の課題や問題点などである。
収益性では依然として赤字の事業者が多く、栽培ビジネスの厳しい実情が表された結果となった。但し、栽培事業者の課題・問題点については栽培に関する課題、光熱費対策など、事業者視点での課題や問題点を明確にしており、栽培プラントメーカーや関連資材メーカー、導入を検討している事業者に対する指針になるものと言える。

◇販売者・利用者事例(10件)
調査対象は日本国内のみであり、事業者規模、事業者形態、地域、販売(利用)品目などは限定していない。但し、自社で栽培した植物工場野菜を販売もしくは利用している事業者は除いている。
 調査項目は植物工場野菜の取扱の動機、販売(取扱)品目とその効果、現状の課題、消費者の反応などである。販売者事例においては陳列の方法など販売方法についても言及している。

<調査方法>
 専門アナリストによる関係企業(植物工場プラントメーカー、栽培プラントメーカー、関連装置・資材メーカー、栽培ユーザー)、官庁、研究機関などへの直接ヒアリング取材等により情報収集を行った。
<調査期間> 2012年9月~2012年11月
資料タイトル:「2013年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」
体   裁 :A4判 249頁
価   格 :56,000円(税込み58,800円)

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
ユーザーログインして問い合わせる

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
株式会社総合プランニング事業所概要詳細
所在地

大阪府大阪市中央区