「2014年 植物の工業的栽培関連市場と導入ユーザーの動向に関する調査」を実施

総合マーケティングの株式会社総合プランニングは、将来の農業の在り方を左右するものとして期待の掛かる「植物工場(植物の工業的栽培市場)」につき、調査を実施した。調査対象は『養液栽培システム』、『栽培プラント』、『関連資材』、『栽培環境管理・制御装置』の4分野に加え、『工業的栽培事例(栽培事業者事例)』(46件)と『植物工場野菜を販売・利用している小売店・飲食店事例』(10件)を含めたもので、その調査結果を「2014年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」として資料にまとめた。

◇養液栽培システム市場:2013年実績85.5億円 2018年推定143億円
◇栽培プラント市場:2013年実績88.65億円 2018年推定148.4億円  
◇関連資材市場:2013年実績72.69億円 2018年推定107億円
◇栽培環境管理・制御システム市場:2013年実績77.65億円 2018年推定138.7億円

本資料で対象とした「植物の工業的栽培市場」は、「養液栽培システム」、「栽培プラント」、「関連資材」、「栽培環境管理・制御システム」のいずれもいずれも2013年から2018年にかけて1.5倍から1.8倍程度に拡大すると予測される。市場拡大の背景には「農業再生」と「食に対する意識」があり、両者は密接な繋がりを持っている。日本の農家戸数が減少傾向にあると同時に高齢化も進んでおり、農業再生は喫緊の課題となっている。食に対する不安は消費者だけでなく、生産者にとっても大きな問題であることが植物工場への関心を高めるものとなっている。

◇栽培事業者事例(46件)
調査対象は日本国内の栽培事業者のみである。

◇販売者・利用者事例(10件)
調査対象は日本国内の販売者・利用者のみである。但し、自社で栽培した植物工場野菜を販売もしくは利用している事業者は除いている。

<調査方法>
専門アナリストによる関係企業(植物工場プラントメーカー、栽培プラントメーカー、関連装置・資材メーカー、栽培ユーザー)、官庁、研究機関などへの直接ヒアリング取材等により情報収集を行った。
<調査期間> 2014年5月~2014年7月
資料タイトル:「2014年 植物の工業的栽培市場の現状と将来動向」
体裁:A4判 319頁
価格:56,000円(+消費税)

お問い合わせ

【注意】売込みやPR、商品やサービスの紹介の連絡は禁止しています。<ザ・ビジネスモール事務局>

電話でのお問い合わせ
電話番号を表示する
   電話する
FAXでのお問い合わせ
FAX番号を表示する
メールでのお問い合わせ
ユーザーログインして問い合わせる

商品サービス情報一覧

企業情報

企業名
株式会社総合プランニング事業所概要詳細
所在地

大阪府大阪市中央区